走ルンですノート

でんしゃ/バスをメインに適当に

アルピコ交通へ移籍した山陽バス

アルピコ交通の移籍してきた一般路線車といえば、現在は首都圏からのものが多いですが、少し前までは関西圏からのものが多く在籍し、その中でも山陽電鉄の子会社である山陽バスからの車両は、舞子線・名谷線所属のものの高出力な点が買われ、戸隠や美ヶ原などへの山岳路線の主力車として25年以上に渡ってアルピコを支えてきました。

これらは以前紹介した都営バスからの車両同様、多くの車両が移籍しているため、これまでにやってきたものをまとめてみました。

 

f:id:mc127_100:20220117191106p:plain

移籍した車両の一例:いすゞキュービック(U-LV218L)

 

イラストは野川様のバスぬりえ(http://tabi.atz.jp/busnuri/index.html)の素材を使用させていただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

※この記事の内容に関しまして、アルピコ交通株式会社や山陽バス株式会社などの現業機関へ問い合わせることを禁じます。※

 

掲載順は「バスジャパン・バンドブックシリーズ」に準じ、上から順に古い年式とします。

凡例…アルピコ社番/登録番号/年式/所属(松→松本,長→長野)/山陽社番(調査中)

 

P-LR312J(IKC:JOURNY)

40061/長200か61/86/長/4607

 

K-CQA500(IKC:SERIES-C)

42119/長22あ2119/82/長/2224or2225

10301/松22あ1793/83/松/*3**

(推定)10302/松22あ****/**/松/*3**

(推定)10303/松22あ****/**/松/*3**

(推定)10304/松22あ****/**/松/*3**

(推定)10305/松22あ****/**/松/*3**

10306/松22あ1802/83/松/*3**

42220/長22あ2220/83/長/*3**

42221/長22あ2221/83/長/*3**

42176/長22あ2176/83/長/*3***1

42176/長22あ2176/83/長/*3**

42183/長22あ2183/83/長/*3***2

42186/長22あ2186/83/長/*3**

42187/長22あ2187/83/長/*3**

42188/長22あ2188/83/長/1332

42223/長22あ2223/84/長/2439

42224/長22あ2224/84/長/2440(推定)

 

P-LV218L(IKC:CUBIC)

10511/松22あ1964/85/松/2548

10512/松22あ1965/85/松/2549(推定)

10513/松22あ1967/85/松/2550

10515/松22あ1969/85/松/1537

42229/長22あ2229/85/長/*5**

42230/長22あ2230/85/長/*5**

42260/長22あ2260/85/長/*5**

42264/長22あ2264/85/長/*5**

10640/松22あ1968/86/松/1638

10641/松22あ1970/86/松/1639

40038/長200か38/86/長/1640(推定)

40039/長200か39/86/長/1641(推定)

40062/長200か62/86/長/1642

40109/長200か109/87/長/1746

40110/長200か110/87/長/1747

40112/長200か112/87/長/1748

40113/長200か113/87/長/1749

40262/長200か262/88/長/1850~1853or2853~2856のいずれか

40263/長200か263/89/長/1954

40400/長200か400/90/長/2058

40401/長200か401/90/長/1062

 

U-LV218L(IKC:CUBIC)

10130/松200か468/91/松/1166

10131/松200か469/91/松/1167*3

10132/松200か470/91/松/1168

10133/松200か471/91/松/1169*4

40483/長200か483/91/長/2159

40484/長200か484/92/長/1270

40514/長200か514/92/長/2271*5

40531/長200か531/92/長/2217

10330/松200か570/93/松/1372

10331/松200か571/93/松/1373*6

10332/松200か572/93/松/1374*7

40661/長200か661/93/長/2373*8

40662/長200か662/93/長/1371

40769/長200か769/94/長/1476

40872/長200か872/94/長/2485

40873/長200か873/94/長/2486

40929/長200か929/94/長/2484*9

40990/長200か990/94/長/1475

 

KC-LV280L(IKC:CUBIC)

40957/長200か957/96/長/2697*10

40958/長200か958/96/長/2698

40968/長200か968/96/長/2699

40969/長200か969/96/長/2601

41056/長200か1056/97/長/1783

41057/長200か1057/97/長/1784

41061/長200か1061/98/長/2813*11

41062/長200か1062/98/長/2814*12

41064/長200か1064/98/長/1885*13

41065/長200か1065/98/長/1886*14

99428/長200か1328/99/長/2919*15

99429/松200か982/99/長/1995*16

99443/長200か1438/99/長/1994

 

(参考)PJ-LV234L1(J-bus:ERGA)

07481/長200か1647/07/長/2748

山陽バスいすゞ藤沢工場の送迎車へ転用されたのち、アルピコへ移籍した車両です。

 

以上、いすゞC系から3代に亘って移籍していることがわかりますが、エルガに関してはイレギュラーな車歴の持ち主であるため、参考として記載しました。しかし今後の状況によっては更なるエルガ、またはニューエアロスターの移籍が考えられるため、転入次第反映させたいと思います。

いすゞC系は高出力車のCQAで、最後まで残った42176号車→40058号車は、2005年の川中島バス(当時)80周年企画の一環として、かつての「草餅色」に復刻された「メモリアルバス1号」として長野市内の一般路線やイベントで活躍しました。廃車後に宮城県の昭和の車保存会へ「メモリアルバス2号」ことエアロスターKの41784号車と共に無償譲渡され、2010年代までは動態保存車として劇用車*17やマニア向け体験運転会などに使用されたものの、2020年現在の地点では同会敷地の片隅において廃バス同然の状態で放置されている様子が、YouTubeにアップされた動画で確認できました。

やはりキュービックの移籍が52両と圧倒的に多く*18、そのほとんどは川中島バスこと長野エリアに投入されています。松本は自社発注の高出力車やブルーリボンHIMRの導入を行なっていたことから、それほど多くを必要としていなかったのかと思います。先述の通り長野へ投入された車両は、戸隠や飯綱、鬼無里妙高といった山岳路線を中心に運用されており、かつての戸隠営業所では山陽バスからの移籍車が肩を並べる光景が見れました。現在は七曲経由の路線が廃止されたことで低床車の制約が撤廃された影響などから、元東急バスのニューエアロスターなどに置き換えられてしまい、片手で数えられるほどしか在籍しておりません。

また中型車は現在までにジャーニーが1両のみですが、それを用いるような閑散路線が相次いで整理されている現状においては、これ以上の増加は見込めないかと思います。

山陽バス時代の車番は現在調査中で、判明次第少しずつ反映させたいと思います。

 

機会があれば、元臨港バスの車両などもまとめてみたいと思います。今回は以上です。

 

f:id:mc127_100:20220117195356p:plain

オマケ:山陽バス(株)Twitterアカウント公式?キャラクター「キュビ子」の信州バージョンを描いてみました…アルピコのダイナミックストライプも結構似合ってますねw

 

2022/01/19 追記:山陽バス時代の車番について判明したものを反映しました。引き続きコメントなどで情報の提供をお待ちしております。

 

2022/04/11 追記:松本電鉄に移籍したK-CQAが抜けていたことが判明したのですが、資料が乏しいため在籍が判明した、またはしたことが推定される車両のみ反映させました。また山陽時代の社番についての情報も引き続きお待ちしております。

*1:妙高へ異動後、再度長野で40058号車「メモリアルバス1号」として活躍。

*2:妙高へ異動後、40057号車として活躍。

*3:末期は浅間線ラッピング車「チンチン電車バス」として活躍

*4:末期は諏訪へ異動

*5:「戸隠の蝶」ラッピング車

*6:バスコレ化された車両

*7:コンゴ民主共和国の南キヴ州で公用車として再活用されているらしい

*8:妙高へ異動後、再度長野で41192号車として活躍。

*9:妙高へ異動後、再度長野→白馬で41193号車として活躍。白馬移動の際に松本ナンバーへ再登録。

*10:妙高へ異動後、再度長野で41194号車として活躍。

*11:前中扉のワンステップ車

*12:前中扉のワンステップ車

*13:前中扉のワンステップ車

*14:前中扉のワンステップ車

*15:戸隠・飯綱ラッピング車

*16:大町の所属

*17:映画「東京タワー ボクとオカンと時々オトン」に出演したのだが、九州は筑豊が舞台の作品であるにも関わらず信州のバスが登場するという謎なシーンと化している

*18:山陽バス舞子線+名谷線に所属したうちの4割近くが移籍したことになる模様