走ルンですノート

でんしゃ/バスをメインに適当に

1000形電車運転記念乗車券

今回の切符これくしょんは「1000形電車運転記念乗車券」を紹介いたします。

静岡鉄道1000系は1973年に事実上の親会社である東急7200系をベースに製造された車両で、地方私鉄の新造車では珍しいオールステンレス製の車体が特徴的です。東急7200系に準拠しているため、初期に登場した車両は非冷房、後期に登場した車両は新製冷房車となっており、非冷房車ものちに冷房化改造されている点も7200系と共通です。

現在はA3000系の投入に伴う廃車が進行している中、一部の編成は熊本電鉄えちぜん鉄道への譲渡が決定し、それぞれ西鉄阪神の系列会社の工場にて改造工事が行なわれている最中です。

 

f:id:mc127_100:20220110161101j:plain

 

入れ物は東急7200系などに掲げられている米・BUDD社との提携を示す銘板をイメージさせる紺色に銀色で1000系と富士山が描かれています。

 

f:id:mc127_100:20220110161111j:plain

f:id:mc127_100:20220110161141j:plain

 

乗車券は5枚組で、デワ1形との並びや20形、駿遠線で用いられたB11形機関車の写真などが一緒に添えられています。旧型車の代表として紹介されているのが100系300系などの長沼工場製18m車ではなく、マイナーな20形というのが微妙な感じですね…。

裏面は全て主要諸元表になっているほか、表面の写真の解説にもなっています。

 

今後熊本電鉄えちぜん鉄道でのデビューに於いても同様に記念券の類が発券される事が考えられるので、そちらも併せて入手してみたいと思います。