走ルンですノート

でんしゃ/バスをメインに適当に

とりあえず185系

本日はお仕事がお休みだったので、急遽185系を乗ることにしました(笑)

185系は過去に伊豆急のイベントへ参加する際に乗ったのが唯一で、もうじき引退することから悔いのないよう乗っておこうと思い立ったものです。

ということで仕事の休憩時間にえきねっとで「踊り子9号」と、その折り返しに当たる「踊り子14号」の指定券を予約してしまいました。

f:id:mc127_100:20210309211148j:image

東京駅に着くと、大勢のギャラリーに囲まれながら185系200番代オオOM08編成が入線してきました。

今回乗車するものは臨時特急のため、7連を組む200番代の登板となりました。

現在は全ての編成が「踊り子色」こと斜めストライプの塗装ですが、やはり200番代は「新特急色」こと緑線の塗装でないと違和感がありますね…。

f:id:mc127_100:20210309211407j:image
f:id:mc127_100:20210309211353j:image
f:id:mc127_100:20210309211521j:image
f:id:mc127_100:20210309211356j:image
f:id:mc127_100:20210309211411j:image

登場したのが「省エネ電車」201系より新しい1981年とはいえ、車内は国鉄の面影を残した独特の雰囲気です。くず物入れのクラシカルな書体がいいですね。

当初は転換クロスシートだった座席は後の改造で一般的なリクライニングシートに改められたものの、やはり格下特急感はどことなく否めない感じが185系の特徴なんでしょうかね。

f:id:mc127_100:20210309211919j:image

恥ずかしながら今回乗ってから初めて気付いたのですが、窓のカーテンはロール式と横引式の併用という独特の仕様になっています。

特急型なのに開く窓や大きめのドアなどと共に、185系が登場した経緯が窺えるものですね。

f:id:mc127_100:20210309212147j:image

途中の伊豆高原駅で撮影しました。f:id:mc127_100:20210309212142j:image

0番代のオオA1編成とのすれ違いです。

f:id:mc127_100:20210309212328j:image

雲がかかってたりガラス越しだったりで暗いですが、本日はどうにか車窓から伊豆大島の姿が見えました。

f:id:mc127_100:20210309212447j:image
f:id:mc127_100:20210309212443j:image

伊豆急下田駅に着いてからしばらく経つと、E261系が入線してきました。

いずれはラーメンを食べに乗りたいものです(笑)

f:id:mc127_100:20210309212545j:image
f:id:mc127_100:20210309212549j:image
f:id:mc127_100:20210309212608j:image

その隣には8000系TA-3編成とTB-5編成がおりました。

いずれはこちらにも乗りたいですねぇ…。

f:id:mc127_100:20210309212711j:image

その後、185系は車内清掃を済ませて電留線へと入りました。

E257系2000番代と並んで休憩中の様子です。敷地外から撮影しました。

f:id:mc127_100:20210309212907j:image
f:id:mc127_100:20210309212849j:image
f:id:mc127_100:20210309213126j:image

復路の「踊り子14号」に乗るためにホームに出ると、なんと8000系のTA-8編成に繋がれたTA-7編成がいました!

東急時代を彷彿とさせる帯無しの姿がカッコよかったです!また伊豆急に乗るときは、こちらに乗りたくなってしまいます(笑)

f:id:mc127_100:20210309213204j:image

とりあえずおやつどきだったので、伊豆急下田駅売店で売ってた「ぬまっちゃ」とじゃがりこで一服しました(笑)

ラブライブ!サンシャイン‼︎をデザインした缶が可愛いですね。本場のお茶なので、当然ながらとてもおいしかったです。

f:id:mc127_100:20210309213436j:image
f:id:mc127_100:20210309213440j:image

MT54の心地よい重低音を奏でながら、列車は無事に終電の東京駅に着きました。

往復で約6時間乗っていたので、引退する前に185系を存分に味わえました(笑)

もう二度と乗ることはないと思うと寂しいものがありますが、実家へ帰省する際に乗ったE257系で伊豆へ行く楽しみも、また改めて味わいたいと思います!