走ルンですノート

でんしゃ/バスをメインに適当に

KATO 東京地下鉄02系80番代 02-181F

巷では中古屋などで塚と化している(らしい)KATOの地下鉄シリーズ。特に銀座線と丸ノ内線は遊べる範囲も狭まることから、たまーに並んでいるのを見かけます。

しかし私のような第三軌条集電の地下鉄が好きな者にとっては、手頃な値段で買えるチャンスとあって、見つけ次第お財布と相談しては買って帰って悦に浸っております。

それを続けているうちに、いつのまにか銀座線が10本、丸ノ内線が11本にまで増えてしまいました(笑)

今回はそんな中から、最近増やした丸ノ内線02系の方南町分岐線用の80番代車を紹介いたします。

02系80番代は丸ノ内線方南町分岐線用に投入されたもので、3両編成に本線用とは異なる帯が特徴です。

 

f:id:mc127_100:20220513214844j:image

f:id:mc127_100:20220513214850j:image

 

模型は適当に拾った02系をベースに、幕板の帯を消してからCrossPointの帯ステッカーを貼っただけのお手軽改造です。

ドアや優先席のステッカーは銀河モデルのものです。

台車の集電シュー周りは色差しをしてあります。

 

f:id:mc127_100:20220513215051j:image

 

手元には既にB修繕車(元非冷暖房車)や、ボルスタレス台車を履いた20F以降のグループ、そして50周年記念ラッピング車もあります。

前面の連結器は私の好みでassyパーツを用いて電連付のものにしています。銀座線や丸ノ内線のトムリンソン式連結器は下に電連が付いていないと、開きっぱなしの扉のような違和感を感じてしまいます…。

現車は徐々に数を減らしつつありますが、模型の世界ではいつまでも走らせたいものですね。