走ルンですノート

でんしゃ/バスをメインに適当に

さようなら都電廃止記念乗車券

今回の切符これくしょんは、さようなら都電廃止記念乗車券を紹介いたします。

この乗車券は、荒川線以外の路線が廃止となった第7次撤去の時に発券されたものなので、「さようなら」「廃止」と銘打っているものの、実際に完全に廃止されなかったことは周知の通りです。恐らくこのときは、代替バス路線の確保が出来次第、荒川線も廃止するつもりだったのでしょう。

 

f:id:mc127_100:20200429163003j:plain

入れ物はビニール製のペラペラなもので、さようなら記念にしては安っぽい感じがしてしまいますが、当時の都交的に都電はこういう扱いだったのでしょう。

 

f:id:mc127_100:20200429163304j:plain

f:id:mc127_100:20200429163236j:plain

f:id:mc127_100:20200429163348j:plain

f:id:mc127_100:20200429163420j:plain

乗車券は6枚組で、地下鉄、都電、バスのものが2枚ずつ発券されています。

券面の表には7500形までの代表的な車両のイラストが描かれ、裏面には描かれた車両の説明が載っています。どうせなら最後まで在籍した主な車両として6000形、3000形、4000形、7000形、8000形、7500形の6形式でもよかったと思いますが、歴代の車両にしたのは、先述の通りこれを機に都電を完全に撤去するつもりだったからでしょう。

つい数年前まで中央区や豊島区が、都電が走っていた道路上にLRTを走らせようとしていましたが、結局は計画自体が新地下鉄計画やBRT、コミュニティバスになったため、いずれも未成に終わりました。荒川線のみならず、必要最低限は残しておけばよかったものをと思いますが、今も昔も都政の馬鹿さ加減は不変ですね…。電車関係ない話でゴメンナサイ。

今回は以上です。