走ルンですノート

でんしゃ/バスをメインに適当に

大正客車ハ20形保存記念乗車券

今回の切符これくしょんは、大正客車ハ20形保存記念乗車券を紹介いたします。

相鉄は自社のかしわ台工場内に記念碑的な車両を多数保存していますが、その中で守衛に許可を得ればいつでも見学できるものが、3号機関車とハ20形客車の2両です。過去に私も見学させていただいたのですが、2両ともとてもきれいに整備されており、その状態の良さに感服しました。

この乗車券は、ハ20形が譲渡先の別府鉄道から里帰りしたことを記念するものです。

 

f:id:mc127_100:20200501134422j:plain

 

入れ物は黒地に金文字という、シックなデザインになっています。

 

f:id:mc127_100:20200501134518j:plain

f:id:mc127_100:20200501134534j:plain

 

乗車券は2枚組なのですが、オマケとして桃色の紙に刷られたハ20形の図面が入っています。最近になってIORI工房より、このようなマッチ箱客車のペーパーキットが発売されたので、模型の参考資料になるかもしれません(?

表面には別府鉄道で活躍していた当時の写真と、かしわ台工場内に保存されてからの写真が使われています。裏面には写真の解説が載っており、客車の簡単な来歴も書かれています。しかし別府鉄道が貨物主体でなければ、このような貴重な客車が現存しなかったと思うと、当時としては時代錯誤な列車も今となっては貴重なものなんだなぁと感じますね。

 

今回は以上です。

 

関連記事:かしわ台車両センターで保存されている現車の紹介 

mc127-100.hatenablog.com